2018年夏ウトナイ湖ワークキャンプ最終日!

チーフコーディネーターの伊澤です。今日はとうとう今回のワークキャンプ最終日です!

今日は最初に長靴を洗い、大掃除を行いました。みんなが積極的にてきぱきと掃除を行ったおかげで、予定よりだいぶ早く終わらせることができました。

画像


掃除を終わらせた後は、振り返りを紙にまとめました。A4サイズの紙に、「初日に各自立てていた目標が達成できたか」、「一番印象に残ったことについて」を書いて共有しました。人の数だけ視点があり、共有することで考えがさらに深まったように感じます。
画像


今回のワークキャンプでは、天気にはあまり恵まれなかったものの、とても貴重で濃い経験ができました。また、懇親会や学生同士でも様々な話をし、多くの収穫を得られました。ワークキャンプは今日で終了ですが、それぞれ今回の経験をこれからにつなげていければと思います。


最後になりましたが、今回ワークキャンプを受け入れてくださったウトナイ湖ネイチャーセンターの皆様をはじめ、ご支援、応援していただいた皆様に、心より感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。

2018年夏ウトナイ湖ワークキャンプ4日目!

こんばんは!
ウトナイ湖ワークキャンプコーディネーターの古山です!

4日目は我々が宿泊させていただいているネイチャーセンターから、歩いて30分ほどのところにある野生鳥獣保護センターにて、ウラジロハコヤナギの除去とウォークラリーの補助を行いました!

ウラジロハコヤナギはギンドロともよばれ葉の裏が銀色になっているのが特徴です。このギンドロは根っこを広げて群生していて、抜き足るのがとても大変でした( ̄▽ ̄;)

画像


ウォークラリーでは、お客さまの呼び込みや受付、ルートの引率を通してイベントの運営を体験学習できました。お客さまの引率の際に、出身の話を聞いたりどのような生物が好きかで盛り上がったりして楽しみながら歩き、呼び込みでは、自然に興味を持ってない人を引き込む難しさを知ることができました。

明日は、振り返りを行って気をつけて帰りたいと思います(^^ゞ

画像

ウトナイ湖ワークキャンプ3日目!

こんばんは。
コーディネーターの川端です。

3日目はまず看板製作のお手伝いをしました。英語も書いてある看板を草原の観察小屋前に設置しました。看板を立てるための杭を焼き、防腐処理をしました。また、設置する場所に穴を掘りましたが、火山灰土があるおかけで予想より地面が堀りやすかったです。
画像


午後は外来種の駆除に参加させていただきました。オオアワダチソウを2000本以上も抜けてお役に立てて嬉しいのと同時にこれだけ抜いてもまだ一部であることに悲しさを感じました。

帰ってきて皆で夜ご飯を食べた後には、ボランティアの辻さんから「ノゴマの渡り」のお話を聞きました。時間を大幅に超えてもまだ質問をしたいことが出てくるくらい濃い内容のお話を聞かせていただきました。

その後ワークキャンプの醍醐味とも言える自然保護セミナーを行いました。皆さんの意見はとても面白く、驚きの連続でした。この新発見こそがセミナーをする目的の一つなのだと思います。
画像



早いもので今日はもう3日目、今回の折り返し地点を過ぎてしまいましたが最後まで体調に気をつけ元気に活動したいと思います!

ウトナイ湖ワークキャンプ2日目!

こんばんは!
ウトナイ湖ワークキャンプコーディネーターの古山です!

2日目の今日は野外セミナーとシマクイナ調査を行う予定でしたが、悪天候のためシマクイナ調査は中止になってしまいました…
残念です。

野外セミナーでは、ウトナイ湖周辺の自然環境の現状について、実際に現地に行って学び、それぞれが課題について真剣に考える機会を得ることができました。また、シマリスやエゾタヌキ、鳥類も20種以上見ることができました!

明日は、冬のワークキャンプで作った看板設置とオオワダチソウ抜きを行います!
今から楽しみすぎて眠れません(。>д<)
画像

画像

2018年夏ウトナイ湖ワークキャンプ始動!

utonai



こんばんは!
ウトナイ湖ワークキャンプチーフコーディネーターの伊澤です。

本日より、2018年夏ウトナイ湖ワークキャンプが始まりました!台風13号の影響が心配でしたが、無事全員ウトナイ湖に到着しました。

今日は日数分の食材を買い出し、オリエンテーションを行なっていただいた後、夕食にカレーライスを食べました。

夕食の後は、アイスブレイク、合意形成セミナーを行いました。参加者同士、打ち解けられたのではないかと思います。

明日は野外セミナーと、シマクイナ調査です!ウトナイ湖周辺のさまざまな自然を見れると思うと楽しみです!

画像


画像